Datadeck 応用編|Googleスプレットシート連携仕様で失敗しない方法

ExcelとDatadeckを紐づける時はとてもセンシティブです。
そのため独自で検証しました。もし、スプレットシートを
連携する際、他に注意事項がある場合、間違いがある場合は教えてください :love_you_gesture::love_you_gesture:

行ってもいいこと【〇】

・ファイル名変更
・カラム名変更
・色変更
・データ入力
・列の追加(既に連携されている列の位置がズレないように最右部に追加がおすすめ)
・行の追加・削除

絶対に避けなければいけない操作【:heavy_multiplication_x:

・列の追加(既に連携されいている列の位置がズレるような追加、復元可能)
・列の削除(一部ウィジェット編集する必要がある、復元不可)
・シート名称の変更
・スプレッドシートの非表示化
・もととなるデータの削除

「Sheet名」をキーにセルの位置で判断 しデータが連携されていますので
知っておいたほうがいい内容です :love_you_gesture: :love_you_gesture: それでは!!!

1 Like

追記:
スプレットシート側でデータをDatadeckに送り込む場合に 10Mb以上に制限があるようです 。そのため 10Mb未満 のサイズを推奨。また、ローカルファイルの場合の推奨は 30Mb未満 です(DD制限は1,000Mb)。